2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2023年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
 

  • トップ
  • CD/DVDブルーレイ
  • ソロ
  • 【廃盤】【レアCD】

    カトリーナ・マーゼラ(バリトン)〜カトリーナ
    エレビー:バリトン協奏曲

    Katrina〜Katrina Marzella (Baritone)
  • トップ
  • レアCD/廃盤品
  • 【廃盤】【レアCD】

    カトリーナ・マーゼラ(バリトン)〜カトリーナ
    エレビー:バリトン協奏曲

    Katrina〜Katrina Marzella (Baritone)
  • トップ
  • 出版社名
  • 海外
  • Doyen
  • 【廃盤】【レアCD】

    カトリーナ・マーゼラ(バリトン)〜カトリーナ
    エレビー:バリトン協奏曲

    Katrina〜Katrina Marzella (Baritone)
  • トップ
  • 楽器名
  • バリトン
  • 【廃盤】【レアCD】

    カトリーナ・マーゼラ(バリトン)〜カトリーナ
    エレビー:バリトン協奏曲

    Katrina〜Katrina Marzella (Baritone)

【廃盤】【レアCD】

カトリーナ・マーゼラ(バリトン)〜カトリーナ
エレビー:バリトン協奏曲

Katrina〜Katrina Marzella (Baritone)

商品コード : CD-3609
価格 : 5,500円(税込)
数量    残りあと1個
 

メール便:350円、他

13時までのご注文は当日発送(取寄、休日除く)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
★バリトンのために書かれた最も重要な作品の1つといえる、エレビーの『バリトン協奏曲』を初収録。 知名度の高い他の楽器にくらべ、なかなか表舞台に出ないバリトンだが、このアルバムを聴けば、その魅力にどっぷりハマってしまうことは、BPが大保証!
 20世紀が終わりを告げる頃、スコットランドにバリトンの天才少女出現と騒がれ、ついにはブラスバンドの名門、ブラック・ダイク・バンドのソロ・バリトン奏者として押しも押されぬ大スターとなったカトリーナ・マーゼラ!!

 アルバム「カトリーナ」は、“バリトン”という、ブラスバンド以外では見かけることがほとんどない金管楽器を手にスターダムに上り詰める1人の女性奏者のサクセス・ストーリーと、バリトンに注がれる深い愛情がこめられたすばらしいソロ・アルバムだ!

 マーゼラの名が知られるようになったのは10代始め、スコットランドで毎年開催される少年少女たちのコンテストで、1997〜2001年の5年連続でソロ・チャンピオンになった頃だ。

 その実績から、ナショナル・ユース・ブラス・バンド・オブ・スコットランドのソロ・バリトン奏者に抜擢。その名がさらにイギリス中、そして世界中まで広く知られるようになったのは2004年のことだった。

 ユースのプレイヤーだけで行われる“スコティッシュ・ユース・ソロ選手権”のみならず、大人もまじえた“スコティッシュ・オープン・ソロ選手権”でも優勝し、選手権の30年の歴史上初のダブル・チャンピオンに輝いたのが、そのビクトリー・ロードのはじまり。

 同じ2月、BBC放送ラジオ2の“ヤング・ブラス・ソロイスト・オブ・ジ・イヤー・コンペティション2004”でも優勝。同コンペの審査にあたったロンドン交響楽団首席トランペット奏者ロッド・フランクスなどに、「カトリーナは、誰の目にも明らかな優勝者だった。」と称賛された!

 さらに同年春、スコッランドのグラスゴーで開催された“ヨーロピアン・ブラスバンド選手権2014”のコンサートにソロイストとして登場し、サン=サーンスの「白鳥」を独奏。そのパフォーマンスは、CDとDVD(タイトル:「ヨーロピアン・ブラスバンド選手権2004」/廃盤)としてリリースされた。

 (ユース世代のみならず、並み居る大人たちまで打ち負かしてスコットランドのダブル・チャンピオンになった当時のマーゼラのライヴが今もこうして愉しめるというのはとても凄いこと。完売/廃盤だが、手許にある人は、必見、必聴!)

 その後、ハットリ財団シニア賞とBBCアカデミー奨学金を得たことが1つの転機となり、レパートリーの少なかったバリトンのための新作作りを時代をリードする作曲家につぎつぎと委嘱! その成果として、フィリップ・スパークの「スカラムーシュ」(マーゼラ自身のソロは、CD「語られることのなかった物語」CD-2133に収録)、マーティン・エレビーの「バリトン協奏曲」など、バリトン・ソロのための新作が登場する!!

 2009年リリースのこの「カトリーナ」も、その流れの中でプロデュースされたアルバムだ!

 バックをつとめるのは、マーゼラがかつて所属したイングランドのレイランド・バンドで、前記エレビーの『バリトン協奏曲』をはじめ、ポール・ロヴァット=クーパー、フィリップ・ハーパーなどによる、バリトンを“独奏楽器”としてフィーチャーしたすばらしい作品や編曲が愉しめる!

 アルバム冒頭を彩るエレビーの『バリトン協奏曲』は、このCDが初録音!

 バリトンのために書かれた作品の中でも最も重要な作品の1つとして記憶されるべき作品で、作曲者は、曲を書くにあたり、オーケストラ楽器に例えるなら、ユーフォニアムをチェロ、バリトンをビオラととらえ、けっしてユーフォニアム協奏曲ではない、バリトンのための協奏曲を作ることを意識して作曲。

 アレグロ・リトミーコの第1楽章“フュージョンズ”、アンダンテ・カンタービレ・コン・ルバートの第2楽章“ソリロキー”、スケルツァンド・オミノーソ・エ・ジョコーソの第3楽章“タンジェンツ”の急-緩-急の伝統的な3楽章スタイルの協奏曲だが、全体として近代的なライト感覚あふれるスコアリングとなっている。

 キラキラと煌めくようなバリトン協奏曲だ!! 

 初演は、2008年6月24日、アメリカのシンシナティ大学で開催された“2008国際テューバ・ユーフォニアム・カンファレンス”において、マーゼラの独奏、アンティア・ハント指揮、シンシナティ・ブラスバンドの伴奏で、イギリス初演は、2009年1月31日、マーゼラの母校、ロイヤル・ノーザン音楽カレッジで開催された“2009RNCMフェスティヴァル・オブ・ブラス”で、このCDと同じジェイスン・カッツィカリス指揮、レイランド・バンドの伴奏で行われている。

 さすがはバリトンの第一人者! テクニカルな側面をフィーチャーしたアグレッシブな第1・第3楽章もすばらしいが、何と言っても聴きものは、情感にあふれ豊かに歌われる第2楽章。バックをつとめるレイランドとのリレーションもすばらしい!

 アルバムの中間部に収録されているサン=サーンスの『白鳥』ラフマニノフの『リート』は、ジョン・ウィルスンのピアノ伴奏によるパフォーマンス。ともにマーゼラのお気に入りで、とてもエモーショナルなパフォーマンスが愉しめる。

 トラディッショナル・タッチのポール・ロヴァット=クーパーの『ドニゴール湾』フィリップ・ハーパーの『ヘブリディーズの子守唄』も、歌ごころにあふれ心が揺り動かされるすばらしいソロだ!

 そして、その感動は、バラエティに富んだレパートリーを愉しんだ後、アルバムのアンコールのように演奏される『虹の彼方に』で再びよみがってくる!!  

 なんともハートフルなパフォーマンスだ!

 知名度の高い他の楽器にくらべ、なかなか表舞台に出ないバリトンだが、このアルバムを聴けば、その魅力にどっぷりハマってしまうことは、BPが大保証!!

すべての金管吹きにおススメしたいすばらしいソロ・アルバムだ!

【カトリーナ・マーゼラ】
スコットランドのウェスト・ロージアン(エディンバラ近郊、西方に位置するカウンシル)の出身。10代初めから頭角を表し、1997〜2001年の5年連続スコティッシュ・スクールズ・ソロ・チャンピオン。ユース時代の2004年2月、スコティッシュ・ユース・ソロ選手権とスコティッシュ・オープン・ソロ選手権で史上初のダブル・チャンピオンに輝いたほか、BBC放送ラジオ2の“ヤング・ブラス・ソロイスト・オブ・ジ・イヤー2004”コンペティションでも優勝。ロイヤル・ノーザン・音楽カレッジでスティーヴン・ミードに師事。2005〜2006年と連続してハリー・モーティマー賞を受賞して卒業。ハットリ財団シニア賞とBBCアカデミー奨学金を得て、バリトンのための新作オリジナルを時代をリードする作曲家に委嘱する機会を得る。2006〜2007年の2年連続で全英オープン・ソロ選手権で優勝。2007〜2008年2年連続でオーストラリアのエルン・ケラー・インターナショナル・ソロイスト・オブ・ジ・イヤーに輝いた。スコットランドのウィトバーン・バンド、イングランドのフェアリー・バンド、レイランド・バンドをへて、2011年12年、ブラック・ダイク・バンドのソロ・バリトン奏者に就任。数年間、バーミンガム音楽院で教鞭をとったほか、ロイヤル・ノーザン音楽カレッジから客員講師に招かれている。2015年5月、ソロイストとして来日。
・バリトン(Baritone): カトリーナ・マーゼラ(Katrina Marzella) 1〜10
・ピアノ(Piano): ジョン・ウィルスン(John Wilson) 4、5
・演奏団体: レイランド・バンド(Leyland Band) 1〜3、6〜10
・指揮者:
ラッセル・グレイ(Russell Gray) 2、3、7、8、9
ジェイスン・カッツィカリス(Jason Katsikaris) 1、6、10
・録音:2007年10月6〜7日、2008年6月7〜8日、Chorley Town Hall, Lancashire, England (U.K.)
・発売元:イーゴン (Egon)
・発売年:2009年
・メーカー品番:
1. バリトン協奏曲/マーティン・エレビー 【15:45】
Concerto for Baritone/Martin Ellerby
I)第1楽章:フュージョンズ I. Fusions【4:47】
II)第2楽章:ソリロキー II. Soliloquy【6:15】
III)第3楽章:タンジェンツ III. Tangents 【4:43】

2. ドニゴール湾/ポール・ロヴァット=クーパー 【4:35】
Donegal Bay/Paul Lovatt-Cooper

3. 小さなチャルダーシュ/ペードロ・イトゥラルデ (arr. クラース・ヴァン・デル・ヴォウデ) 【5:14】
Pequena Czarda/Pedro Iturralde (arr. Klaas van der Woude)

4. 白鳥(組曲「動物の謝肉祭」から)/カミーユ・サン=サーンス (arr. ハワード・スネル) 【3:14】
The Swan/Camille Saint-Saens (arr. Howard Snell)

5. リート/セルゲイ・ラフマニノフ 【2:39】
Lied/Sergei Rachmaninov

6. 妖精の踊り/ダーヴィト・ポッパー (arr. アンドルー・ダンカン) 【3:21】
Elves' Dance/David Popper (arr. Andrew Duncan)

7. ヘブリディーズの子守唄 /フィリップ・ハーパー 【5:16】
A Hebridean Lullaby/Philip Harper

8. フィーバー・ファタジー/トシュテイン・オーゴー=ニルセン 【6:30】
Feber-Fantasi/Torstein Aagaard-Nilsen

9. フリコルノ・パッソ協奏曲/アミルカレ・ポンキエッリ (arr. ヘンリー・ハウィ) 【11:57】
Concerto per Flicorno Basso/Amilcare Ponchielli (arr. Henry Howey)

10. 虹の彼方に/ハロルド・アーレン&イップ・ハーバーグ
(arr. シンシア・プールス&ピッパ・ポウトス) 【5:35】
Over the Rainbow/Harold Arlen and Yip Harburg (arr. Cynthia Pules and Pippa Poutso)
 

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ