2021年 12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

展覧会の絵 
演奏:ブラック・ダイク・バンド 

Pictures【ブラスバンド CD】

商品コード : CD-2576
価格 : 2,450円(税込)
ポイント : 24
数量    残りあと1個
 

メール便:350円、他

13時までのご注文は当日発送(取寄、休日除く)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
2012年5月、オランダ、ロッテルダムで開催された第34回“ヨーロピアン・ブラスバンド選手権”で通算12度目の優勝を飾り、7年ぶりにヨーロッパの王座を奪還したイングランドのブラック・ダイク・バンドが、その少し前の3月にヨークシャーのモーリー・タウン・ホールで収録した本格コンサート・アルバム! メイン・プログラムは、もちろん、ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」(全曲)。だが、その前に収録されている他の3曲のシリアスなオリジナルも聴き逃せない!

有名なBBCシンガーズのメゾ・ソプラノとして長年活躍したジュディス・ビンガム(1952〜)は、声楽作品で世界的に知られる女流作曲家で、声楽以外でもオーケストラ、ウィンドオーケストラ、ブラスバンドなど、幅広いフィールドで作曲活動を行っている。「フォー・ミィニューツ・マイル(4分のマイルレース)」は、5曲ある彼女のブラスバンド作品の1つで、“BBCフェスティヴァル・オブ・ブラス1992”のために委嘱された。“ブラスバンドのためのショート・スプリント”というサブ・タイトルをもち、曲名が示す4分のレース中、どんどん移り変わるランナーの気分や情景などを音楽として表している。60才を迎えた作曲者に敬意を表しての収録だ。

 代わって、ルーク・カーヴァー・ゴスは、アコーディオン奏者や教育者としての顔ももつ作曲家だ。「ピュア・ゴールド - A 4x4 リレー」は、“2012年文化オリンピアード”のためにPRS音楽財団が立ち上げた新作委嘱プロジェクト“ニューミュージック 20x12”のスキームとしてブラック・ダイクが委嘱した作品で、BBC放送、ロンドン・オリンピックおよびパラリンピック組織委員会なども協賛する。イングリッシュ国立歌劇で活躍するヨークシャーの詩人、イアン・マクミランとのコラボで生み出されたこの作品は、イギリスの伝統文化であるブラスバンドと合唱を融合させ、イギリス音楽のクラシックとコンテンポラリーとをミックスさせたテイストをもつ。この曲は、オリンピック・イヤーの2012年は、しばしば演奏される。ブックレット表紙に“金メダル”がデザインされているのは、バンドとしての意思表示という訳だ。

イギリスのベテラン作曲家デリック・ブルジョワ(1941〜)の「ザ・デビル・アンド・ザ・ディープ・ブルー・シー(悪魔と深く青い海)」(1992)は、ブラスバンドのマスターワークの1曲だ。1993年10月16日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで催された全英ブラスバンド選手権チャンピオンシップ部門決勝のテストピース(課題)として人気を博し、作曲者が自身のブラスバンド作品中、とくにお気に入りと語った作品でもある。1993年の優勝者は、2011年に亡くなった伝説の指揮者ピーター・パークス指揮、ウィリアムズ・フェアリー・バンドだった。2012年、この曲は、全英選手権地区予選のチャンピオンシップ部門テストピースとなり、再び脚光を浴びる。ブラック・ダイクも、同3月3〜4日にブラッド・フォードのセント・ジョージズ・ホールで行われたヨークシャー地区選手権でこの曲を演奏、見事第1位に輝いた。このCDの演奏はその直近のレコーディングで、さすが音楽に隙がない!そして、セッションなのにまるでライヴのよう。この作品のベスト・パフォーマンスの1つに数えられる演奏だ。

フィナーレに入っているムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」も聴きものだ!もとは、エルガー・ハワース(1935〜)が有名なフィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルのためにトランスクライヴし、1977年のLPレコード(のちCD化)に収録。その後、ブラスバンド用のバージョンも作られ、これまである特定の曲だけが演奏されたり、ハワード・スネル指揮、ブリタニア・ビルディング・ソサエティ・バンド(後のフォーデンズ・バンド)が全曲をCDに収録したこともあった。そして、このCDのブラック・ダイクの演奏だが、これが実にすばらしい! ホームグラウンド化しているモーリー・タウン・ホールの教会のような残響を味方につけた演奏は、しばしオルガンのようなサウンドを醸し出し、その音圧は聴く者を圧倒する。これは、ハワース編ブラスバンド・バージョンのベスト・パフォーマンスだ! 録音も遠近感を見事に表現しており、実に心地いい!

ブラック・ダイクのベスト・パフォーマンスの1枚として、ぜひとも押さえておきたい。
・演奏団体:ブラック・ダイク・バンド(Black Dyke Band
・指揮者:ニコラス・チャイルズ(Nicholas J. Childs)
・発売元:ドイエン (Doyen)
・発売年:2012年
・収録:2012年3月、Morley Town Hall (UK)
・メーカー品番:
1. フォー・ミィニューツ・マイル/ジュディス・ビンガム【3:27】
Four Minute Mile/Judith Bingham

2. ピュア・ゴールド - A 4x4 リレー/ルーク・カーヴァー・ゴス【13:27】
Pure Gold - A 4x4 Relay/Luke Carver
ナレーター(Narrator):イアン・マクミラン (Ian McMillan)
合唱 (Choir):マンチェスター合唱団 (The Manchester Chorale)

3. ザ・デビル・アンド・ザ・ディープ・ブルー・シー(悪魔と深く青い海)
/デリック・ブルジョワ【16:59】
The Devil and the Deep Blue Sea/Derek Bourgeois

4. 組曲「展覧会の絵」/ムソルグスキー (arr. エルガー・ハワース)【35:50】
Pictures at an Exhibition/Modest Mussorgsky (arr. Elgar Howarth)
I)プロムナード Promenade 1 【1:38】
II)グノーム(こびと) The Gnome 【2:43】
III)プロムナード Promenade 2 【0:55】
IV)古城 The Old Castle 【5:11】
V)プロムナード Promenade 3 【0:32】
VI)テュイルリーの庭 The Tuilerie Gardens 【0:57】
VII)ビドロ Bydlo 【3:20】
VIII)プロムナード Promenade 4 【0:50】
IX)卵の殻をつけたひな鳥の踊り Ballet of Chicks in their Shells 【1:13】
X)サミュエル・ゴールデンベルクとシュムイレ Two Jews 【2:22】
XI)プロムナード Promenade 5 【1:33】
XII)リモージュの市場 The Weekly Market at Limoges 【1:22】
XIII)カタコンブ The Catacombs 【2:07】
XIV)死せる言葉による死者への呼びかけ With the Dead in a Language Dead 【1:53】
XV)バーバ・ヤーガの小屋(鶏の足の上の小屋) Baba Yaga 【3:39】
XVI)キエフの大きな門 The Great Gate of Kiev 【5:35】

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ