• トップ
  • CD/DVDブルーレイ
  • 吹奏楽
  • ダウンタウン・ディヴェルティメント/リバーダンス・ハイライト
    演奏:シモン・ボリバル・ユースWO、他

    Downtown Divertimento - Live Recordings【吹奏楽 CD】
  • トップ
  • バンド
  • 吹奏楽(海外)
  • ダウンタウン・ディヴェルティメント/リバーダンス・ハイライト
    演奏:シモン・ボリバル・ユースWO、他

    Downtown Divertimento - Live Recordings【吹奏楽 CD】
  • トップ
  • 作曲家名(1)
  • デメイ
  • ダウンタウン・ディヴェルティメント/リバーダンス・ハイライト
    演奏:シモン・ボリバル・ユースWO、他

    Downtown Divertimento - Live Recordings【吹奏楽 CD】
  • トップ
  • 出版社名
  • 海外
  • Amstel
  • ダウンタウン・ディヴェルティメント/リバーダンス・ハイライト
    演奏:シモン・ボリバル・ユースWO、他

    Downtown Divertimento - Live Recordings【吹奏楽 CD】

ダウンタウン・ディヴェルティメント/リバーダンス・ハイライト
演奏:シモン・ボリバル・ユースWO、他

Downtown Divertimento - Live Recordings【吹奏楽 CD】

商品コード : CD-3846
価格 : 2,450円(税込)
数量    残りあと1個
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
吹奏楽曲として空前のヒット作となった交響曲第1番「指輪物語」の作曲者、そして、指揮者としてもワールドワイドな活躍がつづくヨハン・デメイ! これは、デメイの新作やこれまでCDがなかった作品が、世界中のアーティストのエキサイティングな“ライヴ演奏”で愉しめる注目のアルバムだ!

登場アーティストは、アメリカのニューヨーク・フィルハーモニックとオランダのロイヤル・コンセルトヘボウ・オーケストラのブラス・セクション、トロンボーン界のスーパースター、ジョセフ・アレッシ、スペインのラリン吹奏楽団、フィンランド陸軍バンド、ベネズエラのシモン・ボリバル・ユース・ウィンド・オーケストラのほか、日本からシエナ・ウインド・オーケストラとフィルハーモニック・ウインズ大阪という、インターナショルな顔ぶれ! デメイ自身のほか、オランダのハンス・レーンデルス、プラム・スニーケルスなど、国際的評価の高い指揮者がタクトをとっている点も見逃せない。

アルバム冒頭を飾るのは『セレモ二アル・ファンファーレ』。2005年、大阪シンフォニカー交響楽団(現、大阪交響楽団)の委嘱で作曲されたオーケストラのブラス・セクションと打楽器のための作品で、同年4月12日、ザ・シンフォニーホール(大阪)で行われた同第100回記念定期演奏会で、大山平一郎の指揮で初演された。CDに収録されている演奏は、2009年4月29日、アメリカとオランダの友好400周年を記念し、ニューヨークのリバーサイド・チャペルで行なわれたコンサートのライヴで、両国を代表するニューヨーク・フィルハーモニックとロイヤル・コンセルトヘボウのメンバーによるパフォーマンスは、何ともゴージャス!! 

2曲目の『ダウンタウン・ディヴェルティメント』は、現在デメイが暮らすマンハッタンの下町チェルシーの日常を描いた組曲で、毎朝、愛犬アリスと散歩で訪れるマディソン・スクエア・パークのドッグ・ランでの様子を描いた第1楽章の“ドッグ・プレイ”、帰路、有名なフラットアイアン・ビルの近くでひと時の瞑想の時間を過ごす様子を表した第2楽章の“フラットアイアンの夢”、その後、有名な高架鉄道跡を活用した散策路ハイラインへのジョギングを描いた第3楽章の“ハイラインへ向かって”の3つの楽章で構成される。登場する各キャラクターが明瞭で、情景が自然と浮かび上がってくる。第2楽章の美しさはとくに絶品だ! これは、デメイが指揮をとったフィルハーモニック・ウインズ大阪の定期演奏会のライヴで、同じコンサートの『亡き王女のためのパヴァーヌ』と歌劇『ドン・カルロ』から“デュエット”では、共演のジョセフ・アレッシの理屈抜き、ごきげんなパフォーマンスが愉しめる!

フィンランド陸軍バンドの演奏による交響詩『夏』は、フィンランドの四季にインスパイアーされた現在進行中の連作の第2作で、フィンランド・アマチュア・合唱・オーケストラ連盟の委嘱で、2014年のフィンランド・ウィンド・オーケストラのテストピース(課題)として作曲された。すでに発表されている「春」(CD-2305、CD-3176に収録)同様、ヨーロッパに脈々と流れるクラシック音楽の深みを否応なく感じさせる作品。いずれ書かれるであろう続篇(秋、冬)の完成がとても楽しみだ。

注目の『リバーダンス・ハイライト』は、ニューヨークの偶然の出会いから大の親友となった作曲者ビル・ウィーランとのコラボを得て2013年に完成された、この曲の超強力なアレンジ! 演奏のシモン・ボリバル・ユース・ウィンド・オーケストラ(ベネズエラ)は、ベルリン・フィルなど、世界中のトップ・クラスの演奏家の指導とサポートを受けてグングン力をつけ、ロンドンのプロムスへの出演を依頼されるなど、世界のマスコミからも注目を集めている大編成のウィンド・オケだ!!

ラストを飾る『ホローポ』は、シモン・ボリバル・ユース・ウィンド・オーケストラの常任客演指揮者に就任したデメイが、彼らのためにベネズエラの作曲家モイセス・モレイロの人気曲をウィンドオーケストラ用に編曲したラテン・ムード全開のアンコール・ピース! ここでは、スペインのラリン吹奏楽団のエキサイティングな演奏がアルバムをしめる!! 全篇がライヴだけに、聴き終った後、爽快感の残るアルバムだ!!
・演奏団体:ニューヨーク・フィルハーモニック&ロイヤル・コンセルトヘボウ・オーケストラ・ブラス(New York Philharmonic & Royal Concertgebouw Orchestra Brass) 1
フィルハーモニック・ウインズ大阪(Philharmonic Winds osakan) 2、5、7
フィンランド陸軍バンド(The Finnish Army Band) 3
シエナ・ウインド・オーケストラ(Siena Wind Orchestra) 4
シモン・ボリバル・ユース・ウィンド・オーケストラ(Simon Bolivar Youth Wind Orchestra) 6
ラリン吹奏楽団(Banda de Lalin) 8
・指揮者: ハンス・レーンデルス(Hans Leenders) 1
ヨハン・デメイ(Johan de Meij) 2、4〜7
ユルキ・コスキネン(Jyrki Koskinen) 3
プラム・スニーケルス(Bram Sniekers) 8
・発売元:アムステル(Amstel)
・発売年:2015年
・収録:2009年 4月29日、Riverside Church of New York, New York (U.S.A.) 1
2012年11月17日、横浜みなとみらいホール (横浜) 4
2012年12月30日、Auditorio Municipal de Lalin, Lalin, Galicia (Spain) 8
2013年11月11日、The Musiikktalo, Helsinki Music Centre, Helsinki (Finland) 3
2014年 1月24日、Simon Bolivar Hall, Caracas (Venezuela) 6
2015年 5月 4日、いずみホール (大阪) 2、5、7
・メーカー品番:
作・編曲:ヨハン・デメイ(Johan de Meij)

1. セレモ二アル・ファンファーレ【3:45】
Ceremonial Fanfare

2. ダウンタウン・ディヴェルティメント【10:37】
Downtown Divertimento
I)ドッグ・プレイ (マディソン・スクエア・パークにて)
Dog Play (at Madison Square Park) 【3:10】
II)フラットアイアンの夢 Flatiron Reverie 【3:54】
III)ハイラインへ向かって Hitting the Highline 【3:33】

3.交響詩「夏」【11:32】
Summer

4. アラジン組曲/カール・ニールセン 【10:45】
Aladdin Suite/Carl Nielsen
I)オリエンタル・フェスティヴァル・マーチ Oriental Festival March【3:15】
II)アラジンの夢/朝霧の踊り
Aladdins Dream/Dance of the Morning Mist【3:00】
III)アフリカの黒人の踊り African Negro Dance【4:30】

5. 亡き王女のためのパヴァーヌ/モーリス・ラヴェル【5:59】
Pavane pour une Infante Defunte/Maurice Ravel
トロンボーン:ジョセフ・アレッシ(Joseph Alessi)

6. リバーダンス・ハイライト/ビル・ウィーラン【12:24】
Highlights from Riverdance/Bill Whelan

7. 歌劇「ドン・カルロ」から“デュエット”/ジュゼッペ・ヴェルディ【3:48】
Duet from Don Carlo/Giuseppe Verdi
トロンボーン:ジョセフ・アレッシ(Joseph Alessi)、
河毛博子(Hiroko Gamo)

8. ホローポ/モイセス・モレイロ【3:22】
Joropo/Moises Moleiro

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ