2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 

  • トップ
  • 出版社名
  • 国内
  • タッド・ウィンド・コンサート(15)
    クロード・T・スミス:華麗なる舞曲

    Danse Folatre【吹奏楽 CD】

タッド・ウィンド・コンサート(15)
クロード・T・スミス:華麗なる舞曲

Danse Folatre【吹奏楽 CD】

商品コード : CD-2489
価格 : 1,467円(税込)
ポイント : 14
数量    売り切れ
 

メール便:350円、他

13時までのご注文は当日発送(取寄、休日除く)

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
このCDには、2011年6月17日、東京・めぐろパーシモンホール 大ホールで行なわれた「第18回定期演奏会」第1部を彩った英米の新旧オリジナル4曲が収録されています。

1曲目は、イギリスの作曲家フィリップ・スパークが、2011年3月11日の大震災と津波被害からの復興への願いを込めて発表した『陽はまた昇る』です。この曲は、アメリカの自宅でテレビで震災のニュースを見て強いショックを受けた指揮者のタッド氏が、少しでも自分たちの気持ちが届けばと願い、急遽、プログラムの1曲目をスタートさせる前に演奏されることになったものです。ステージ上にも客席の中にも感銘が広がった、とても美しくハートフルな演奏です!

2曲目の『オーストラリアの大地』(本邦初演)は、「パリのスケッチ」や「マルコム・アーノルド・ヴァリエーション」、「エルガー・ヴァリエーション」などでグングン知名度を高めているイギリスのマーティン・エレビーの会心作です。厳しい海岸線に打ち寄せる荒波のようなイントロ、多くの生命を育む大いなる大地に広がるロマンや夢、新しい時代に向けての賛歌など、タッドWSは、オーストラリアの大自然と歴史にインスパイアーされたこの作品をタッド氏の変幻自在なタクトにのり、ドラマチックに描いていきます!

3曲目の『ロキの復讐』は、シリーズ第2弾CD(CD-1215)に収録されている「ココぺリ・ダンス」の成功で一躍その名が知られるようになったアメリカのネイソン・タノウエの作品です。北欧神話に登場する悪戯好きな神“ロキ”のキャラクターのイメージから生まれた冒険大活劇で、これまたタッドWS名物(!?)の本邦初演曲!クラリネット、サクソフォン、フルート、トランペットなど、ソロも随所に散りばめられ、理屈抜きに愉しめます!

アルバムは、コンサート第1部のラストを飾ったクロード・T・スミスの『華麗なる舞曲』でしめくくられます! アメリカ空軍ワシントンD.C.バンドの委嘱で1986年に書かれたこの作品は、今も世界中のバンド・ファンを興奮させているマスターピースの1つです。タッドWSは、華やかなパッセージ、木管楽器の各々のカデンツァ、金管や打楽器の細かな音符の連続などと特徴づけられるこの超絶技巧曲を、あるときはすさまじいまでのパワーと推進力で、またあるときは表情豊かな繊細さで、聴かせます! そして、曲が終わった瞬間ホールに消えていくキラキラと煌めくサウンド! これぞ、まさにタッドWSの真骨頂!ファンの誰もが憧れる瞬間です!
・演奏:タッド・ウインドシンフォニー(TAD Wind Symphony)
・指揮:鈴木孝佳(タッド鈴木)(Takayoshi "TAD" Suzuki)
・発売元:WINDSTREAM
・発売年:2012年
・収録:2011年6月17日 めぐろパーシモンホール 大ホール
・メーカー品番:
1. 陽はまた昇る/フィリップ・スパーク【6:29】
The Sun Will Rise Again/Philip Sparke

2. オーストラリアの大地/マーティン・エレビー(本邦初演)【12:32】
Terra Australis/Martin Ellerby

3. ロキの復讐/ネイソン・タノウエ(本邦初演)【10:48】
Loki's Revenge/Nathan Tanouye

4. 華麗なる舞曲/クロード・T・スミス【9:56】
Danse Folatre/Claude T. Smith

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ